今週の5○7○5○

米予想収穫量

本年の農作物の収穫も大詰めに来ている。全作物に亘って豊作基調であるが、収穫は大豆と甜菜の一部を残すのみとなっているが、収穫期に入って雨続きで難儀している。

15年産の米予想収穫量が、30日農水省から発表された。作況指数は全国100(並)、北海道は104(やや良)である。北海道・青森・岩手・秋田等9道県で「やや良」、台風被害等があった新潟・関東・九州等15都県で「やや不良」となった為、収穫量で見ると744万4000㌧で、生産数量目標751万㌧に対して6万6000㌧下回ることとなった。

春先は低温で心配されていたが、夏以降の高温でほぼ全作物が豊作基調という珍しい年である。(北海道の)農家はどのような天候になっても一定の収穫が確保できるように、温暖作物(水稲・豆類等)と寒冷地作物(馬鈴薯・甜菜等)を組み合わせて作付 しているのだが、春の低温・夏の高温がこのような結果をもたらしたのではないかと思われる。収穫は一年間の汗の結晶である、豊作がなによりも嬉しい。

<[21・23・26・29・30]各地国会報告、[28]道連合会、[30]NTT退職者、上川中央林野労>

DSC_2652~2DSC_2642~2DSC_2878~2IMG_1078IMG_1088山部-2IMG_1120JA上川中央JA北ひびきDSC_3327~2IMG_1184IMG_1172

今週の5○7○5○の最新記事