今週の5・7・5

2018/08/13

終戦の日

 5日、平和運動フォーラム主催の「被爆73周年原水爆禁止!旭川街宣」に参加した。73年前の8月6日に広島、9日に長崎に原爆が投下されその日計21万人もの人が死亡し、生き延びた人々も重い後遺症に苦しんでいる。 沖縄の惨事も忘れてはならない、そして15日は終戦の日を迎える。  昨年、被爆者の「受け入れ難い苦痛と被害を心にとめる」とヒバクシャの苦しみを明記した核兵器禁止条約が122ヵ国の賛成で、国連で採択された。しかし日本政府は『核保有国と非保有国の橋渡し役』などといって賛成しなかった。広島の松井市長は『世界で自国第一主義が台頭し、冷戦期の緊張関係が再現しかねない』と懸念を表明した。長崎の田上市長は『核に頼らぬ安全保障政策への転換』と『核兵器禁止条約に賛同するよう』日本政府に迫った。首相は何れでも「アプローチが違う」といって何も答えなかった。  米国は、小型核の開発を新たな核戦略指針

続きはこちら

ささき隆博の後援会メンバー募集中
ささき隆博の今週の五・七・五
ささき隆博のレポート
ささき隆博の政策・理念