今週の5・7・5

2018/05/21

職権・強行連発

第196国会も残り1ヵ月となったが、モリカケ問題をはじめとして、防衛省や厚労省など「隠蔽」「虚偽」「改竄」の繰り返し、 「忖度」ではなく「首相案件」だった のではないか。 “一強の驕”り“長期政権の綻び”が露わになってきている。 18日には「TPP関連対策」について、内閣委員会と農林水産委員会の連合審査が行われた。私は『80年代から広がった「広域経済連携」は世界の労働分配率が低下し続けている事実、TPP参加国でもP4は外需依存国であり、日本やアメリカは内需国であることから、行き過ぎた経済連携は見直すべき』と質問した。安倍政権は依然としてトリクルダウンに固執している、時代遅れである。 「働き方改革」はデータ改ざんにより裁量労働制は削除させたが、高度プロフェッショナル制度も不要である。 日本初の賭博合法化である「IR法」も認められない。 TPPは18日に外務委員会及び本会議で職権・

続きはこちら

ささき隆博の後援会メンバー募集中
ささき隆博の今週の五・七・五
ささき隆博のレポート
ささき隆博の政策・理念