月別アーカイブ: 2017年6月

JR路線維持の課題

北海道民進党は運営委員会(大会に次ぐ議決機関)を開催、引き続き代表を務めることになりました。今後2年間は選挙が相次ぎますが、候補者を出さなければ、主張もできないし、勝利することもできません。「出す・闘う・勝つ!」をモットーに頑張る決意です。

昨年の11月18日にJR北海道が「当社単独では維持困難な線区」として、10路線13線区を公表してから半年余りが経過しているが、遅々として進んでいない。 我々も「対策本部」として取り組んでいるが、関係者間で課題の共有ができているとは言えない。

課題を整理しておきたい。 ■「持続可能な交通体系~目指すべき姿~の構築」であるが、国交省(運輸局)からのノウハウ提供と、コーデネートすべき道庁のリーダーシップ。 ■「安定基金」の果実減少、「特別融資」の返済を分離して考え、基金運用の抜本見直し(果実の担保、基金取り崩し、返済の返済猶予など) ■JR北が提唱する「上下分離」の認識は関係者の間で必ずしも共有されていない、というより受け止め方はかなり齟齬がある。私は、仏・英の例に見習い、「上中下分離」を提唱したい。最低限のインフラ(護岸・橋梁・トンネル等)は国が実施し、線路敷設と車両運行はJRが行う、その上で沿線自治体との話し合いを進める。 ■その他にも、北海道としては大きなウェートを占める「貨物」の負担。新幹線に伴う「並行在来線」の負担、などなどもある。

■JR北自身の多角化や、増便・新路線など新たな事業展開も考えるべきであ。 沿線自治体の不満はJR北の一方的な発表と、拙速な自治体との交渉にある。こうした点でも道庁の果たすべき役割は大きい。JRは民間であるが、公共交通(住民の足)機関でもある。丁寧な論議の上で信頼関係を構築しなければ、皆で一歩踏み出す“将来像”は描けない。

<[19]総がかり行動、[20]党常幹、土地家屋調査士、[21]道庁要請、道漁協要請、経済連携調査会、[22]小清水農政協、EPA農水省要請、行政書士会、[23]料飲店BP、[24]民進道連運営委、上富・美瑛農連研修、[25]菓子労BBQ、川西町民交流会、ささき拡大役員会、>

!cid_15cc00e7f2688b7bd1f320170620.党常幹20170620.土地家屋調査士20170621.道庁要請20170621.道水産協会要請20170621.経済連携調査会20170622.小清水農政協20170622.EPA要請20170622.行政書士会!cid_15cd4a4e42d103cc56a619510554_638475749677888_4201577737189261149_n20170624.党運営委-2!cid_15cda84cb3db1cc77409ゲーム-1!cid_15cdf15ec6689225f037ささき-2

193国会“強引”閉会

1月20日に召集された、193国会は「共謀罪」「天皇退位」「長時間労働規制」「介護保険法」「農業競争力強化」「衆院選挙区画定」「戦略特区」など、国家の存続に関わる大きな法案が山積されていたにも拘わらず。150日を待たず6月16日強引に閉会した。

「共謀罪」は課題が解明されたどころか、準備行為で捜査といいながら、計画との境は不明なまま である。一般人が対象にならない という担保は明らかにならないまま、益々疑惑が膨らんだままである。一億総監視社会、モノいえぬ社会に突き進もうとしている。 「長時間労働規制」は、月45時間、年間360時間を確認されましたが、時間外労働を月平均60時間(年720時間)最長単月100時間の例外も合意されたことが免罪符にしてはならない。 「農業競争力強化」は規制改革会議が提言した13項目中の8本が法案提出された。括っていえば規制を緩和して民間(企業)参入を容易にしようという内容であり、元々TPP関連対策でもあり、外国資本に道を開ける ことに繋がる懸念は拭えない。

「戦略特区」では、農業の外国人受入れが緩和され外国人研修制度がなし崩しになる歯止めがない。人材派遣会社のオトモダチの影も見え隠れする。同じくオトモダチに忖度・御意向が働いた疑惑が、森友学園の国有地超割引売却と、加計学園の強引な大学認可である。  政権の横暴・議論封殺は目に余る、国民の願いを無視し続け、国民を危険に晒す政権を退陣させなければならない

<[12]経済連携調査会、道農連畑対、[13]沖北特委参考人質疑、共謀罪廃案総がかり行動、道農連酪畜、〃米対、[14]農水部会漁業権、経済連携役員会、バス議連、本会議、[15]総がかり行動、グリーン連合、[17]連合連携議員懇、土曜街宣、[18]塩尻PG、第2師団周年式典、>

20170612.経済連携20170612.道農連-畑20170613.沖北-120170613.沖北-220170613.共謀罪総がかり20170613.道農連-酪畜20170613.道農連-米対20170614.漁業権20170614.経済連携役員会20170614.日本バス議連20170614.-本会議20170615.総がかり20170615.グリーン連合ささき-2ささき-3!cid_15cb85709852fe19c088!cid_15cb9c5d29ca109ce468!cid_15cb9c8e938bdc2a5596

岩盤規制のウソ

加計学園問題は菅官房長官が「怪文書」と言い張っていた文書が文科省内で共有していたこと、政府が公表する以前に今治市と協議していたことなど、次々に「御意向」を裏付ける事実が発覚している。遂に“再調査”をすることになったが、文科省のみで内閣府はやらないという、調査中で今国会を乗り切るつもりか?

獣医学部新設(加計学園)は戦略特区の一つだが、安倍政権になってからの「戦略特区」は以前の構造改革特区(小泉政権時代)総合特区(民主党時代)とは相当異質な(以前は地方からの手挙げ方式だった)ものである。 『民間が創意工夫を発揮するうえで障害となっている、岩盤規制について、突破口を開く。』として重点6分野を挙げている、外国人材(農業、クールジャパン)インバウンド(空港・港湾PFI、入管手続き)シェアリングエコノミー(観光・医療・教育のマッチング)官民イコールフッティング(株式会社の参入)多様な働き方(公務員の働き方改革)一次産業・観光分野改革(林漁業、農業人材、農地転用、獣医学部)であるが、括っていえば規制の多い「医療・労働・農業」を規制緩和しようということである。これらは「命・生活・地方」の維持の課題であるが故に規制をしていたものであり、「必要な岩盤」なのである。『岩盤に穴を開ける』ということは、政治が最も拘わらなければならない課題の放棄であり、行政の「岩盤崩壊」を意味する のである

しかも戦略特区は本来特区の意義である、「限定的に実施して、その経済効果を見る」ということは程遠い、石破4原則も満たしていない。 “一件限り”や“突然全国展開”といった粗雑なモノが多い のも特徴だ。が故にお友達優遇といわれる所以だ、とりわけリーダー(権力者)には『瓜田に履を入れず、李下に冠を正さず』が求められる。

菅官房長官が都議選の応援で『知事に近い会派が多数を占めると行政のチェックが働かなる!』と訴えたが、国会で数の力で強行採決を繰り返している、アンタに言われたくない 今「菅語」がネットで話題になっている、『そのような判断は全く当たらない』『レッテル貼りはやめていただきたい』『そのようなことは断じてない』 相手の質問や抗議に決して答えない、コミュニケーションを遮断する会話のこと を言うのだそうだ。

<[6]修習給付制度、[7]経済連携調査会、農災法質疑、尊厳生保、[8]道選出議員会、上富町要請、町村会要請、道議会産炭地振興要請、消費安全、[9]郵政議連、地方公共交通、民進札幌、[10]土曜街宣、[11]サイクリング、>

20170606.修習給付制度20170607.経済連携調査会20170607.農災法質疑20170607.尊厳生保20170608.道議員会20170608.上富要請20170608.町村会要請20170608.産炭地振興要請20170608.消費安全20170609.郵政議連20170609.地方公共交通IMG_3921!cid_15c9091797129de652a6参加者-1

「忖度」と「御意向」

安倍政権の政権運営は益々乱暴になってきている。森友学園の認可については、手続きの在り方や決定過程に『忖度』があったことが明らかになり、加計学園の特区認可では『官邸の御意向』という文書があったと当時の事務次官が明らかにした。

更に問題なのは、政府(総理)が『天皇退位』を“特別法”で対処すると発言したり、憲法『九条に三項を加える』と言い出す始末である。これらは何れも「憲法」であって「法律」ではない。 行政府は憲法の下で執行するもので、憲法は権力者である執行者の規範を示したものである。よって憲法を変える発議は立法府(国会)の役目なのだ。 執行者が憲法を論じてはもはや「独裁政治」である。安倍首相の言う『戦後レジームからの脱却』は『戦前レジームへの回帰』ということが徐々に鮮明になってきている。

5月27日付毎日新聞に「今光る自民党先達の言葉」という特集があった。田中角栄『政治とは何か。生活である』、大平正芳『暫定的解決を無限に』、後藤田正晴『あの悲惨な戦争の見返りに、現憲法が得られたのだ』、宮澤喜一『(9条に)おかしなことが書いてあってもいい』、三木武夫『信なくば立たず』、河本敏夫『一本のろうそくたれ』、前尾繁三郎『常に反省が必要である』、アベさんは“熟読”しただろうか

我が家で15年間家族を癒し続けてくれた愛犬「ロン」が逝ってしまった。無邪気なロンの行動が次々に思い出される。ロンありがとう!

<[29]難病連、道農業委員会長大会、全国農委会長大会、上川農委要請、[30]農水部門農災法、[6/1]尊厳社保調査会、[3~4]クラシノソコアゲ街頭集会、>

20170529.難病連20170529.道農委20170529.全国農委20170529.上川農委20170530.農災法20170601.尊厳社保調ささき-2ささき-3ささき20110123.ロン