年別アーカイブ: 2017年

所信表明演説

“丁寧な説明”とは程遠いものだった。 8月の内閣改造以来放置され続けていた、首相の「所信表明演説」がようやく実現した。演説時間の短さはさて置き、国民の最大関心事である「モリ・カケ問題」には全く触れないなど、 “丁寧な説明”とは程遠い ものだった。

 

 20171113.立民役員会いつものことだが「革命」「劇的」「大胆」などの言葉を羅列するのだが、具体策には殆ど触れないパターンだ。 少子高齢化と北朝鮮情勢を「二つの国難」と位置付けることに違和感がある。 その少子高齢化に掲げたのは「生産性革命」と「人づくり革命」だが、人生100年時代と言いながら具体的な社会保障制度は見えてこない。幼児教育無償化と言いながら、その規模(2兆円ともいわれている)や認可外保育所や消費税にも具体的には触れなかった。 北朝鮮問題は、頼みとするトランプでさえ“対話”を匂わせる中、国際圧力を一層強化するというのである。

そんな中で『憲法改正に向けて、議論を前進させよう』『改憲を含め、与野党の枠を超えて建設的な議論を行おう』と「改憲議論」は際立っていた。 併せて短い演説の中で「TPPやEPA」に対する国内農業対策に割いたスペースは、事態の深刻さの裏返し ではないのか。

<[13]てしおがわ土改区、立民党役員会、[14]国営NN事業、国交部会、全議員勉強会、[16]TPP・EPAヒアリング、[18]富良野BL議員懇、[19]士別後援会、塩尻市議、>

20171113.てしおがわ土改20171114.国営NN20171114.国交部会20171114.全議員勉強会20171116.TPP等合同部会DSC04412ささき-2ささき-2

加計学園答申の疑念

加計学園獣医学部の開設を、文科省の大学設置審議会が答申した。だからと言って『総理のご意向』を巡る疑念が晴れたことには全くならない。 特区における選定のプロセスの公平性・公正性が問われている のだ。未だ審議会の答申であって大臣認可ではない。

設置審の5月の意見書には、抜本的な見直しを求める「警告」が出され、7項目に及ぶ是正を求めた。8月の2度目の審査意見でも、実習計画などに「是正意見」が付いた。 今回の答申でも「留意事項」が8項目も付され ている。 ‘15年6月に閣議決定された「石破4条件」が満たされていない(■新たな分野のニーズがあるか、■既存の大学で対応できないか、■教授陣・施設が充実しているか、■獣医師の需給バランスに影響を与えないか)ことは指摘されていたにも係わらずの審査意見である。しかし政府は『加計の計画は、競合する他の大学よりも熟度が高いと判断した』と説明していることと矛盾する。

そもそも獣医学部の新設が本当に必要なのか という点についても解明されていない。 『需給』を問題にするなら、ペットはもはや減少傾向にある、総じて足りているという疑問に応えてはいない。 「新たな需要」とは何なのか『国際レベルの学部が必要』『人獣共通感染症への対応』というのなら、それは新設ではなくて臨床や家畜衛生、公衆衛生など“質の向上”ではないか。

<[6]立民執行役員会、[7]丹議長、[8]愛別町、東川・東神楽町、立民常幹、[9]北農中要請、立民政調会、[10]温根別敬老会、NOSAI要請、勤労感謝の集い、[11]士別退職者会、父母会チャリティー、>

IMG_463720171107.丹議長20171108.愛別町20171108.旭川東事業20171108.立民常幹20171109.北農中政調会20171110.立民image520171110.NOSAI要請image2image35

特別国会

ようやく特別国会の日程が12月9日まで と決まった。本来特別国会は3~4日で終わり、臨時国会が召集されるのだが、政府にはその意思がないようなので、特別国会で“所信”及び予算をはじめとして“委員会”の審議することとなった。

とはいえ5日からはトランプ大統領の訪日、12日からはASEAN首脳会議等が予定されているため、17日所信、20日から代表質問(衆参)、27日から予算委員会、と考えると委員会での質疑は極めて限られてくる。 第3次安倍内閣が発足した8月3日以来今日まで(第4次改造内閣は全員留任)、総理をはじめ各大臣の所信表明は行われていない。 余程“モリカケ問題”の質疑がイやなのか。 何をしたい内閣なのか国民に明らかにするのは責務である。

安倍首相は、全閣僚再任後の記者会見で、教育無償化をはじめとする「人づくり革命」や、AI推進をはじめとする「生産性革命」を発表した。 年末は来年度予算編成や、税制改正、補正予算編成の時期であり、加えてTPPや日欧EPA、懸案になっている「働き方改革」など喫緊の課題も山積である。 全て通常国会に先送りということなのか、そのためにも予算・各委員会の審議は重要なのだ。

<10/25]立民議員懇談会、[31]議員総会、[9/1]登院、代議士会、立民道代議士会、[2]各党挨拶、[3]旭郵PG納会、[4]自治労上川地本青年部、>

20171025.議員総20171031.立民議員総20171101.登院-320171101.代議士会20171101.立民北海道挨拶-自民2挨拶-民進挨拶-共産image10ささき-2

立憲民主党-3

特別国会の日程は未だ決まっていない。 内閣改造が行われて以来総理も各大臣も「所信表明」が未だに行われていない のだ。“丁寧な説明”と“謙虚な姿勢”はどこ行ってしまったのか?

安倍政権の5年間で総括しなければならない、もう一つの大きな課題は、 「日本の安全」がどんどんと脅かされていることと、その議論が極めて乱暴ということである。 防衛・外交(公務)にスパイを加えることで一般人も対象となった、13年の「特定秘密保護法」国際協力という理由で、武器の開発・生産から輸出まで認めた、14年の「防衛装備移転3原則」非常時から平常時へと拡大された、15年の「日米ガイドライン」と、集団的自衛権行使を初めて盛り込んだ「安保法制」相互監視社会を招きかねない「共謀罪」と、日本の平和が危なくなってきている。

加えて、総選挙では「憲法改定」まで言いだしている。そもそも憲法は時の権力者(政府・国会)がやらねばならないこととやってはいけないことを規定しているモノであり、首相が言い出すこと自体憲法違反である。今の憲法が国民の生活にどんな不都合があるというのか『何もない』。強いて言えば「首相の解散権の規制」くらいである。「地方分権」や「環境権」は法律でも補えるのではないか。

<[10~22]街演、昼礼、個演、打上街演、当選、>

1014.街演-31017.市民の会1018.街演-91021.街演-21019.街演-71020.上田1020.勤医協1021.バス-21021.昼礼-41017.個演-131019.個演-81020.個演-31021.演説-61021.演説-71021.打上1021.打上-71022.当選-4IMG_4596

立憲民主党-2

特別国会の行方が揺れている、11月1日の開会は決定しているものの、臨時国会の開会が見通せていないのだ。 元々野党の要求によって開催された臨時国会を、一切の議論を封殺して、冒頭解散の暴挙に出たのだから、臨時国会の開催は当然のことではないか。

安倍政権5年の総括で欠かせないのは「アベ成長戦略」による「格差問題」だ。そのしわ寄せは賃金スライドを加えた「年金カット法」、■要介護1・2を社会復帰可能として「介護報酬引き下げ」、すし詰めの「保育所改革」、■世界中に類を見ない高額返済な「奨学金」、議論のストップしている「長時間労働」、増え続ける「非正規雇用」など、トリクルダウンどころか「格差」は拡大し続けている。

格差は「貧富」のみならず「地方」の格差も深刻だ。その原因は、規制改革推進会議の「地域政策」と「産業政策」を切り離す政策にある。農業を大規模化一辺倒では農村は崩壊する。商店や町工場を地域と切り離せば、企業再編が加速して日本中が“個性のない”同じマチになってしまう。 TPPやEPAは更に拍車をかけることになる。 JR路線問題も“地域”という視点が欠けている。

<[10~21]街演、朝礼、個演、>

1012.街演-31013.街演-41013.街演-91015.街演1011.清掃-21012.朝礼1012.運輸-21012.個演1013.個演-51014.個演-51014.個演-7

 

立憲民主党-1

我々が「立憲民主党」を立ち上げたのには幾つかの理由がある。 私は28日の民進党両院議員総会で申し上げた のは『一人残らず、希望の党と合流できるのか』『道連は、一対一の構図を創り上げつつある、これを評価できるか』しかし、その後の希望の党の動きは、これらとはどんどん異なる方向に行ってしまった。どころが、私(我々)の理念とは大きくかけ離れていった。

その一つが、安倍政権による「民主主義を無視した言動」である。森友・加計学園の疑惑のみならず、一連の強行採決は「認めない」「調べない」「謝らない」のオンパレードである。民主主義は一人ひとりの意見を大切にする“丁寧さ”にあることを、忘れてしまっている。

「人権」「主権」「平和」は日本国憲法の基本であることに立ち返るべきである。

<[~10]出陣、第一声、決起集会、野党連携、街演、個演、>

1010.出陣-51010.第一声-61011.街演1005.総決起1007.リレートーク1007.士別決起集-31010.街演-21010.鷹栖1010.大雪山1014.雪景色

市民の勝利!

「民主主義の勝利」「市民の勝利」です。12日間の闘いを支え続けていただいた、後援会の皆さん、三軸の皆さん、市民の会の皆さん、市町村民の皆さんの思いが届きました。ありがとうございます。

3つの不安を抱えてのスタートでした。 解散直後の民進党衆院の解党、新党設立準備等で東京・札幌と不在がちなままの本番でしたが、優秀なスタッフはしっかりと体制を作っていただきました。 立憲民主党からの立候補と同時に比例名簿登載を辞退しましたが、当初の世論調査が良すぎて、中盤は苦しい闘いでしたが、終盤の盛り上がりを作っていただきました。 立憲5党の統一候補として、初めてのケースであるだけに、何としても成功させなければならない思いは、有権者の皆さんに共有していただきました。

野党第一党の副代表は、院の内外とも極めて重責です。136,312票の重さをしっかり受け止め、全力で取り組んでいく覚悟です。

万歳

DSC05194

DSC04884

 

大儀なき解散

衆議院の解散総選挙が閣議決定された。『何の為、だれの為』の解散なのか、首相の言う『国難突破』とはどういう意味なのか、 “意味不明”“説得力なし”“大儀なし”の解散だ。

森友学園・加計学園の疑惑は一向に解明されていません。我々は53条に基づく閉会中審査を要求していたが、政府はこれを無視し続けて来て、ようやく臨時国会召集で審議が再開されると思ったとたんの解散であり、 “議論封殺”である。 森友学園は現在大阪地検特捜が捜査に入り、籠池前理事長は詐欺罪で告訴されているが、9億5,600万円の評価の国有地が1億3,400万で売却された問題は未だ未だ解決されていない。近畿財務局の忖度があったとすれば「国家的犯罪」であり、これを恐れたのではないか。 加計学園の獣医学部開設は“特区”であり、国家戦略特区になってから政府の意向が強く滲んできており「権力の私物化」が目立ってきている。 首相は「消費税の使い道」や「北朝鮮の脅威」を挙げているが、今回の解散の本当の目的は、 「モリ・カケ疑惑隠し」であることは明白である。

アベ政権(第2次)は約5年になるが「格差の拡大」「平和の危機」など「権力の乱用」「権力の私物化」が際立ってきている。 この政権を終わらさなければならない。 理不尽な解散ではあるが、アベ政権の暴走を止め、アベ独裁政治から政治を国民に取り戻すチャンスと捉え、全国の仲間と共に全力で頑張ります!

<22]勝部道議会副議長就任、[23]道連街演、[24]桜丘地区敬老会、[26]連合上川地協、>

IMG_457921753456_1408381602605078_2383479824824391429_o21950688_1408381535938418_4021265824454308368_oささき-2ささき-3

敬老会

「敬老の日」を主催する自治会(町内会)の皆さんは、敬老者をお祝いするのに様々に工夫を凝らして“おもてなし”をしている。 園児のお遊戯、町内関りの民謡や舞踊、大正琴演奏、手打ち蕎麦など様々だ。

政府は高齢化率(65歳以上)を27.7%と発表したが、今や高齢者の就業者は770万人(11.9%)(65~69歳:男53.0%、女33.3%)にも上っている、曲がり角に来ている。 75歳以上は13.8%、90歳以上200万人を超えたと発表している。 大津秀一著『死ぬときに後悔すること25』を紹介しよう。健康を大切にしなかったこと、タバコをやめなかったこと、自分のやりたいことをやらなかったこと、他人にやさしくしなかったこと、故郷に帰らなかったこと、仕事ばかりで趣味に時間を割かなかったこと、行きたい場所に旅行しなかったこと、会いたい人にあっておかなかったこと、愛する人に「ありがとう」と伝えなかったこと。等々である。

突然、衆議院の解散風が吹き荒れ始めた、流れが出来てしまうと止まらない。 民進党のゴタゴタが手助けしてしまった。 「モリ(森友)カケ(加計)」隠し以外の何物でもない、権力の私物化(乱用)に鉄槌を喰らわそう!

<[15]全開発、道税政連、[16]アジア・アフリカ支援米、食べマルシェ、[17]敬老会:北光、永山第三、近文西、[18]南栄地区、>

高倉池沢.名越集合全景-2ささき-3ささき-2ささき-4ささき-2

ふるさとの集い2017

「ふるさとの集い in 旭川」を開催させていただいた。トータル32回目、国会議員となって13回目の開催です。 今回は枝野民進党代表代行にお出でをいただいた。 当初9月1日の予定だったところを、11日に変更したにも拘らず、他の用務のある中ありがとうございました。 管内首長・議長(議員)、団体(商工・農業・福祉)の皆さん、各地区お支えをいただいている後援会の皆さん、本当にありがとうございました。

通常国会が終わってから、管内をようやく一巡 させていただきました。行政・団体・後援会の皆さんから、地域課題から国政の課題まで、現場ならではの貴重な(心に響く)ご意見をいただきました。 狙い撃ちになっている「農政改悪」や、地域の足として公共性の高い「JR問題」など正念場です、しっかり取り組まねばなりません。

アベノミクスは、またまたフレーズ(目玉)を編み出した。今度は「人づくり革命」(人生100年会議)である。「教育無償化」「学び直し」(外国人労働者対策化?)「多様な働き方」(労働法制改革?)「社会保障改革」(年金高齢化、介護の市町村化?)などであるが、2014年「地方創生」「女性活躍」、2015「一億総活躍」、2016「働き方改革」、何か実績は上がっただろうか?。 今回の「人生100年時代」を「みんなにチャンス」に改称したらしい。 民進党のパクリもいい加減してほしいものだ。 秋の臨時国会は「労働法制」と「憲法」が主要テーマか?、ガンバラネバ!

<[7~9月]管内国政報告、[5]NTT芋堀、創成地区敬老会、[9]土曜街宣、 [10] 緑の森、旅のプレゼント、当麻庁舎上棟、[11]農家視察、ふるさとの集い、>

!cid_15e5afcbac63398803a1DSC03212!cid_15e6485b7186f341b416!cid_15e64875d537730f211bDSC03449_1!cid_15e6a48068ac6692122621557494_847264642144677_4345157647930543245_n!cid_15e6acebb9bbf951604121463129_728987590619069_3887781824998400124_nささき-1枝野-9