月別アーカイブ: 2016年1月

検証なき挑戦

20160123.民主道大会  22日ようやく政府の施政方針演説が行われた。新聞論調は、(毎日) 「首相こそ建設的な議論を」 (朝日) 「挑戦というならば」 (読売) 「挑戦の具体策が問われる」 (日経) 「経済再生へ更なる踏み込みが必要だ」 (道新) 「挑戦の具体策が見えぬ」と総じて評価は低い。

首相の演説の注目点は、「憲法改定」「一億総活躍」「TPP」等だ。 ■憲法改定では「逃げることなく答えを出す」と言い、緊急事態条項の必要性を言うが、憲法改定に必要なのは“国民の人権や暮らしが脅かされるような不備が今の憲法にあるのか”ということである。安倍政権の下での憲法改定は極めて危険である。 ■一億総活躍のベースになる、成長戦略の成果を強調するが、実質経済成長率はマイナス1.0%、非正規雇用は40%を超え、実質賃金は再びマイナス、家計消費もマイナス2.9%で3ヶ月連続である中で、介護離職者ゼロや、同一労働同一賃金の実現性には疑問を持たざるを得ない。 ■TPPでは、14兆円の効果を強調するが、3年前の3.2兆円とは余りにも乖離している。交渉過程の説明なし、恣意的な影響試算、国会決議が守られていない など、説明責任が果たされないままでの予算は認められない。

成長戦略の成果を具体的に説明すべきであり、成果は「分配」されなければ政府の役割を果たしていない。子供たちの格差固定化や、過去最大となった地域間格差に応えた施政方針とは言えない。

<[23]民主道大会、[26]JR総連提言、政調役員会、[27]農水部門会議>

20160126.JR総連-120160126.政調役員会

20160127.農水部門会議

民主党北海道第30回定期大会

民主党北海道は23日、第30回定期大会を開催しました。今年の政治は「日本の分岐点」道5区補選・池田まき、参院選・徳永エリプラス1名(ダブルも視野に)の勝利で「安倍政権の暴走を止める」決意を共有・確認する大会です。

22日の新春パーティは、国会の施政方針演説の開会が遅れたため、国会議員は参加できなかったが、役員室長の辻本清美衆議を本部ゲストに(維新松木道代表も参加)大勢の皆さんに参加いただきました。 大会では昨夜に引き続き、秋元札幌市長、出村連合会長、山居農政ネット幹事長、峰崎商工連盟会長に来賓として連帯挨拶を頂きました。

今私達の日本を覆っているのは「平和と安全の危機」と「格差の拡大」です。アベ政権の暴走を止めなければなりません。納税者・生活者・働く者の政治を取り戻さなければなりません。 大相撲初場所で優勝した大関琴奨菊は、大関在位26場所目31歳11ヶ月での優勝だ。インタビューに『やるべき事をやり抜いた。』『支えてくれた人々に感謝。』と応えていた。 民主党軸にした野党の結集で実現しよう!

<[19]TPP調査会、[20]ママの会、[22]民主パーティ、[23]道民主常幹、定大、[24]郷土民謡協会、上士別農連、西川集い、>

20160119.民維)TPP調査会 20160120.ママの会20160122.鏡開き 20160122.辻本・池田IMG_4831 DSC_3589DSC_3622 DSC_3658DSC_3684 DSC_3706

池田まき選対発足

2015年度補正予算は衆院を通過しましたが、問題点が多く我々は反対することと成った。予算総額3兆3213億の、財源は今年度収入上振れ分(と称する)1.9兆、昨年度の剰余金2.2兆円を充てた。

低所得の高齢者に1回だけの3万円の給付(約1100万人分、3624億円)を含む、「1億総活躍社会」関連は1兆1646億円。国会で議論もしていないのにTPP対策として3122億円が計上されている。(土地改良予算や畜産クラスターなど推進すべきものもあるが、TPP関連に計上している。)保育・介護施設整備費に1524億上乗せしているが、保育・介護サービスの最大課題は人手不足であり、待遇の改善が必要なのです。

衆院道5区補選(4/12公示、4/24投票)に向けて、民主党5区臨大で「池田まき」の必勝を確認、引き続き選対事務所において「池田まき総合選対本部発足総会」を開催した。幸町の大きな事務所にあふれる人々が駆けつけてくれた。この戦いは「平和と安全を守り抜く」「格差拡大の転換」が問われている。フリーソーシャルワーカーの“池田まき”の出番だ!力を結集しよう!

<[12]あさひかわ商工会、上川地区組合長会、[15]旭川歯科医師会、[16]民主5区臨大、池田まき選対発足、労福協要請、北口道議集い、[17]山本町政報告会、>

ささき-2ささき-2

IMG_20160115_192019DSC_3410

IMG_4526IMG_4559

IMG_4599IMG_4618IMG_4800

居場所と出番

新年も早11日、鏡開き・成人式を迎えている。民主党北海道は全道で「成人式街宣」に取組ませてもらっている。新成人は全国で121万人昨年より5万人少ないそうだが、人生の節目を迎えた皆さんおめでとうそしてご両親にもお祝い申し上げます。新成人の皆さんもご両親に心から感謝していると思う。

NHK朝ドラ「あさが来た」のヒロイン広岡浅子は実在の人物、幼少の頃から『女子も人間、学ぶ機会さえ与えられれば、必ず習得する頭脳はあります。』という活発な女子であった。三井家から広岡家に嫁いで、その商才を発揮し筑豊潤野(ウレシノ)炭鉱の経営、銀行・生保(大同生命)を創業、晩年は日本女子大学創立に関わり、■大阪愛国婦人会(市川房枝・村岡花子が師事)を主20151225(A)予算5ポイント宰したそうで、日本の活躍女性の先駆者である。彼女の口癖は『九転び、十起き』新成人よこの気概を持とう

‘16政府予算の特徴は■目先の負担軽減に前向き(・消費税に軽減税率を導入・低年金高齢者に3万円給付)な一方で■痛みを伴う改革は先送り(・税制抜本改革・社会保障負担増)である。日本の格差も貧困率もOECD平均を上回ってしまっている。特に“税再配分効果”はOECD中最低である。’16年予算でも「子育て給付打ち切り」等、“若者・子育て”に冷たい。一億総活躍より一人ひとりが大切にされる「誰にでも居場所と出番のある社会」を目ざそう

<[5]初競り、連合北海道、[6]党税調、[10]旭川出初め式、成人式街宣、士別成人式、士別JC、[11]あかしや老ク、成人式街宣>

IMG_20160105_090458連合交礼会-420160106.税調DSC_3188DSC_3202DSC_3214JC-2030220151225.(D)社会保障

2016 岐路に立つ日本

4日第190国会は召集された、本会議・開会式に続いて2回目の本会議で、総理の帰国報告と財務大臣の補正予算案演説が行われた。総額3.2兆円の主なものは、「一億総括役関連」1兆1,646億円、「TPP関連」3,403億円、「災害復旧等」5,169億円等である。2016年本予算は1月下旬であろう。

今国会には、 「TPP」「消費税」「安保法制」等々日本の将来に関わる重要な案件が山積している。 「TPP」は、農林漁業や商取引ルールなど各国の文化に関わる分野までボーダレス化する内容であることに加えて、全容説明に必要な2千ページに及ぶ合意内容は未だ提出されず、影響試算は当事者の誰もが納得できない仮称影響と過剰効果の試算が示され、『影響は限定的』等と言いながら、国会論議もされていない状況で、対策の補正予算が提出されている、認められない 「消費税」は『社会保障は全ての国民が享受するので全ての国民が負担する消費税で』が理念である。しかし低所得者程負担が重い“逆進性”の対策は必須である。その方法は「軽減税率」とは限らない、消費税先進国のヨーロッパでは日本が行っている「給付付控除」を研究していると言われている。 立憲主義を蔑ろにし、民主主義のルールを無視し強行採決した「安保法制」廃案にしなければならない。国民のリスクや自衛隊員のリスクについても殆ど論議されていない。

安倍総理の改憲への情念は恐ろしい「戦後レジームからの脱却は」「戦後平和からの脱却」である。 アベノミクスの3本の矢は、金融緩和と財政出動がヨロヨロと飛んでいるが、成長戦略は全く飛んでいない。今年は北海道5区の補選、参院選があり、衆院選もあるかもしれない。 「アベ政権の暴走」を止めなければならない。私達は「平和」と「格差」の分水嶺(岐路)に立たされている!

<[12/29]6区常幹、納め会、[1/2]新春街宣、[3]新年会北星、西神楽、近文西、>

DSC_1673DSC_1814~2DSC_2674西條-2IMG_20160103_102847IMG_20160103_134914IMG_20160103_152433