月別アーカイブ: 2015年1月

第189国会 開会

20150126.国会開会24日「第189国会」が召集・開会され、6月24日まで150日間の長い長い通常国会です。この日は2014年度財政演説のみでしたが、今国会は、「集団的自衛権・安全保障・特定秘密保護法」「社会保障」「消費税と財政」「地方創生」「雇用・労働法制」「エネルギー」など課題は山程である。

私の所属委員会は、「内閣」「農水」「地方創生」を担うこととなり、党務では、「政20150124.部門会議策調査会・副会長」として委員会と同じ分野を担務することになりました。内閣は内閣府・官房・消費者庁・警察と多岐にわたる分野の総括を担当し、農水は戸別所得や農協改革などの課題があります。また、地方創生は今まで何度も繰り返えし議論されてきたテーマです。いずれも地方を形成する重要な分野ばかりです。自らが再生できる仕組みが必要です。

浪人生活で地方の課題や生活者の悩みは胸に刻まれています。どんなテーマにも「地方」があり「生活者」がいるということを、主張していく決意です。

<新年会[20]MS会、[24]家族会、六稜会、谷町長、薬剤師会、高見市議、西川市長、[25]身障協、末広六中町内会、>

DSC00284家族会-2六稜会-1谷寿男-4薬剤師会-1高見市議-3西川市長-2DSC00378 (1024x768)DSC00393 (1024x768)DSC00366 (1024x768)

 

民主党、再生!

民主党臨時大会-2昨年の総選挙で海江田代表は自らが落選し代表を辞任することとなった。それを受けて民主党の代表選を実施することとなった。12月17日に代表選実施公告、1月7日告示され10日間の選挙戦を展開、18日に臨時党大会で新代表を選出した。民主党臨時大会-1

今回の代表選の特徴は、一般党員・サポーター(354P)や地方自治体議員(141P)のポイントが国会議員(265P)より大きいことだ(To/760P)そのため各陣営20150119.民主党代表選-5とも地方票獲得に力を入れてきた。長妻昭さんは党員サポーター票で3番手ではあったが北海道では過半数を獲得することができました。

今回の代表選は3候補とも「民主党再生」への熱いメッセージが展開された。長妻昭『日本はもっと良くなる!~一人ひとりの能力が最大限発揮できる社会~』。細野豪士『新しい民主党を創る。~一本道ではなく、多様な道を力に~』。岡田克也『熟議と決断の民主党へ。~温かみのある公正な社会のために~』。決選投票の結果、岡田克也さんが新代表に選出された。「自主再建」「立ち位置」「リベラル」「結党の原点」に立って、3候補(陣営)力を合わせて、自民党と対峙する民主党リスタートの日にしなければならない。

<[15]観光関連、自動車整備交礼会、[15/16]挨拶廻り、[17]宿舎引越、[18]党臨時大会

DSC00191DSC0021420150115.JAあさひかわ20150116.てしおがわ土改20150116.美瑛森組20150117.青山通り

夢なき者に成功なし

 

一印 ささき-2

新年交礼会(賀詞交歓会)は佳境を迎えている、町内会、団体、議員、親類、合間を縫って挨拶廻りの日々である。

成人式、JCでは、DSC00019今年のNHK大河ドラマは吉田松陰の妹がヒロインのドラマ「花燃ゆ」の言葉を引用させて頂いた。吉田松陰は幕末の思想家、長州藩士(安倍総理へのメッセージか?)西洋へ医学・西洋文明に感動し様々暴走も繰り返すが、松下村塾を開塾し塾生には高杉晋作、伊藤博文、山縣有朋等がいる。数々の名言を残しているが、『夢なき者に理想なし、理想なき者に計画なし、計画なき者に実行なし、実行なき者に成功なし、故に、夢なき者に成功なし』を紹介させて頂いた。

数々の無茶もした彼は、『親思う心にまさる親心』とも言っている、名言だ。

<[5]初セリ、交礼会:旭川市、林業人、士別市、[6]富良野市、士別出初め式、建協、[7]富良野出初め式、宅建、[8]木村道議、[9]名寄自衛隊、[11]士別成人式、JC>

DSC00025DSC00039DSC00061DSC00074DSC0008920150107.富良野出初め式-1宅建協会20150108.木村道議-120150109.名寄自衛隊-ささき1DSC00155DSC00176

 

人が動けば、地域も動く

明けましておめでとうございます。皆さんお揃いで健やかに“羊”のように穏やかな新しい年をお迎えのこととお慶び申し上げます。

十二支の動物は古来から日本に生息するが、“羊”の飼育及び利用の記録は乏しい。奈良時代に活躍した人物に「羊太夫」という人物がいたというが確認できていない。599年に推古天皇に朝貢物として羊2頭が献上されたとあるが、その後土着された記録はない。日本に本格的に到来したのは明治になってかららしいが、冷涼な気候に適した羊は日本の湿潤な環境には中々馴染まなかったようだ。(ヨーロッパ的な気候の北海道には、適していたのかも知れない)さほっち

飼育の歴史が新しい割に諺は多い、「羊頭狗肉」(見かけに騙される)、「羊の皮を被った狼」(外見はおとなしいが、本性は逆)、「多岐亡羊」(選択肢が多いと迷いが多く目的を見失いやすい)、「群羊を駆って猛虎を攻む」(力の弱い者も集合すれば強力になる)等がある。“羊”にまつわる漢字は、「美」「善」「養」「翔」「祥」等、良い意味を持つ漢字が多い。

未年の“未”は未だ熟しきらない成長途上を意味し、群れをなす“羊”は家族の安泰や団体の融和を表すといわれている。「力を合わせて行動すれば、地域は元気になる」年にしましょう! 洋洋たる一年を祈念します。

<[2]新春街宣、[3]地区新年交礼会>

20150102.街宣-買物公園街宣-末広街宣-剣淵20150103.北星地区-120150103.西神楽-220150103.近文西-2