今週の5○7○5○

  

カテゴリー別アーカイブ: 今週の5○7○5○

丁寧な説明が空々しい

 196国会を首相は「働き方国会」と位置付けていたが、その一つ「裁量労働制」の根拠となっていたデータが、 “意図 的”に都合の良いデータだった ことが判明した。 加えて森友学園の国有地売却を巡る、佐川長官の答弁が嘘だったのではないか ということが明らかになってきた。

 「働き方改革関連法案」はそもそも「長時間労働の是正」「同一労働同一賃金の導入」「裁量労働制の拡大」「脱時間給与制度の導入」など、規制強化と規制緩和の8本が一括で提出されていることも問題だ。 首相が(厚労省も)「平均的な方で比べれば、一般労働者よりも短いというデータもある」と答弁していた、裁量労働制のデータは一般労働者に“最長”の残業時間を聴く一方で、裁量労働制で働く人には単に労働時間を尋ねていたことが明らかになった、信憑性は失われている。 法案の提出は断念すべきである。

 森友問題の当時の佐川理財局長は「学園との交渉記録はすべて廃棄した」と繰り返してきたが、財務省は学園側との交渉経過が含まれる内部文書、300ページに及ぶ法務相談と称する記録が明らかになった。 それによると「国有地取引で、学園と契約相手が決まってないのに、賃貸料が示されたのではないか」という疑惑は更に強まった。『賃料は伝えてない』『概算額や水準は伝えた』というのだ。又、音声データでは近畿財務局の担当者が値引き要請に対して『ゼロに近い価格まで努力する』などと語っている。 所得税の申告が始まった今、徴税事務のトップは、国会で明らかにする責務がある。

 今国会では茂木経済財政・再生相線香問題も発覚している。党の選対委員長として、議員交付金を知り尽くした上での悪用である「誠実に、丁寧に説明していく」と繰り返していた発言が空々しい。

[14]農水部門会議、[16]山村振興議連、連合フォーラム設立、[17]立憲6区結党大会準備会、定例街宣、[18]スノーモビル選手権大会、6区市民の会意見交換、[19]議員会館前行動、>

20180214.農水部会20180216.山村振興議連20180216.連合フォーラムLRG_DSC07376LRG_DSC07388LRG_DSC07400LRG_DSC07432LRG_DSC0746420180219.安倍退陣集会

 

立憲カフェ

 立憲民主党は“草の根民主主義”を推進するため「タウンミーティング=TW」「つながる本部」などに取り組んでいるが、その他にも市民の皆さんが企画する「立憲カフェ」も推進している。

 Twitterで企画してくれた皆さんが、12日旭川で立憲カフェを開催していただきました。プライベートから農政・北海道・原発・外交・沖縄・立憲民主党・国会審議・憲法等々ネットで42ものテーマがネットで寄せられた。 政治への関心と立憲民主党に対する期待がガンガン感じられる、とても語りつくせない2時間の意見交換でした。 缶バッチも作成いただきました。

 立憲民主党に対して『入党はどうすればいいのか』『結党大会はいつになるのか』『パートナーズはどうすればいいのか』等々沢山の意見をいただいています。 党本部は「綱領」をようやく確認しましたので、各都道府県で設立及び結党大会の準備を進めています。私の北海道6区は2/25に結党大会を開催します。北海道連は4/21に結党大会を開催します。 党本部は3月下旬から4月上旬を予定しています。しっかり期待に応えることのできる“党づくり”を目ざしています。

[5]全上川農連、[6]クリーニング議連、健保連、常幹、横路さん感謝の集い、[7]北方領土返還大会、[8]農水部会、富良野地方自衛隊協力会、政調審議会、[10]食まちフォーラム、旭障連協、街宣、[11]上田氏叙勲祝賀、髙木市議、[12]立憲カフェ、>

ささき-220180206.クリーニング議連20180206.健保連議連20180206.常幹20180206.横路感謝の集い20180207.領土返還大会20180208.農水部会20180208.富良野地方20180208.政調審議会ささき高津ささきささき-4ささき-3DSC06541

 

平昌冬季オリ・パラ

9日から25日の日程で、韓国・平昌冬季オリンピックが開催される。また3/9から3/18の日程でパラリンピックが開催される。スポーツは記録も当然であるが、競技そのものが世界の人々に大きな“感動”を与えてくれる。

冬季スポーツは雪国の人々が多く活躍するが、我が管内からも多くの選手が参加する。 【ジャンプ】では下川町のレジェンド葛西紀明・伊東大貴・伊藤有季、上川町の高梨沙羅・勢藤優花が出場する。 【スノーボード】ではパラレルに竹内智香(旭川)をはじめアルペンに安藤麻(旭川)フリースタイルに渡部由梨恵(富良野)が出場する。 【スキー距離】には吉田圭伸(音威子府)と石田正子(美幌/旭大高)が出場する。又【バイアスロン】に蜂須賀明香(天塩/音威子府高)が初出場する。 【アイスホッケー】にはスマイルジャパンで小野粧子(旭川)が出場し、氷上のチェスといわれる【カーリング】には山口剛史(南富良野)鈴木夕湖(常呂/旭川)が出場する。

スポーツが政治利用されることがあってはならないのだが、特にオリンピックでは毎度のように浮上してくる。それだけ世界的なイベントなのだ。オリンピックは「平和の祭典」なのだ。純粋に選手のプレーに感動したいものだ。

<[1]医師会、[2]笠木市議、中川市議、[3]士別雪まつり、立憲民主道連結党大会準備会、高見市議、[4]共産党道会議、JP北労組、JP南労組、>

LRG_DSC07048LRG_DSC07056LRG_DSC07075安全祈願準備会ささきDSC06253DSC06295DSC06392

 

日本の転換点-1

ささき-6「ふるさとの集いin士別BL」を開催しました。士別・和寒・剣淵・幌加内から悪天候の中大勢の皆さんに激励いただきました。ありがとうございました。

「8人の大金持ちが、世界人口の半分と同等の資産を持っている」つい先日国際NGO「オックスファム」が、このような報告書を発表した。「99%のための経済」というタイトルで行われた世界経済フォーラム(通称ダボス会議/23~26日)に向けての発表だ。

世界で最も裕福な8人が保有する資産は、世界の経済的に恵まれない下から半分の36憶人が保有する資産とほぼ同じとするこの報告書の他にも、トップ10の大企業の収益の合計は、下位180の貧しい国々の収益以上という報告や、世界のトップ62人の大富豪が、全人類の下位半分、すなわち36憶人と同額の資産を持っている。という報告もある。 今、私たちの国は(世界も)大格差社会に猛進しているのだ。

資産には土地・建物のような有形の物の他に貯蓄や投資のような無形の物もある。かつてのリーマンショック、近頃のビットコインなどは実態とは関係なく資産を乱高下させる。 こうした過度な「金融資本主義」(マネーゲーム)には資本主義制御が必要なのだ。物づくりにおけるイノベーション(革新)と同じように、健全な資本主義のためのクリエーション(創造)が必要だ。 そして政治には公平な分配が必要だ。

<[23]立民国対筆頭理事会議、士別市来訪、[24]上富基地協、[25]政調審議会、[26]旭川市職労、[27]士別農連70周年、谷鷹栖町長後援会、旭川市職退職者会、NTT退職者会、博愛会、 [28]上士農経連、ふるさとの集いin士別BL、>

20180123.国対会議-220180123.士別市長・議長20180124.上富良野20180125.政調審議会LRG_DSC06798LRG_DSC06831LRG_DSC06850LRG_DSC06866LRG_DSC06878LRG_DSC06888LRG_DSC06903鏡開き

第196国会開会

20180123.立憲常幹-222日「第196国会」が開会された。6月20日までの150日の議論がスタートする。 アベ成長戦略の行き詰まり、「平和」の維持、「共生」への転換の大事な時である。

開会にあたって「政府4演説」が行われた。首相の施政方針演説は、自画自賛、具体性に欠け“居心地の悪い”演説だった。 ■「働き方改革」同一労働同一賃金の実現の時が来た。非正規労働という言葉を一掃したい。働き方改革は成長戦略そのものだ。 ⇔それらは皆我々野党が言い続けてきたものだ。成長戦略の失敗。 ■「人づくり革命」全世代型社会保障、 ⇔消費税の成長率未達成の布石か。 「教育の無償化」20年度を目指して一気に進める。 ⇔幼児なの、私立なの。 ■「生産性革命」景気回復の波を全国津々浦浦へ。 ⇔中小の賃金アップこそ。 ■「地方創生」攻めの農政、地方大学応援。 ⇔事例は創生効果ではない。 ■「外交安保」自由貿易の騎手。 ⇔世界で一番経済活動のしやすい国のことか。 国の形、理想の姿が憲法⇔人権保障と権力分権であるべき。

演説で目立った「改革」の連発は5年間言い続けているが、具体的に改革の成果を示してほしいものだ。 生活者や、ふるさとづくりに奮闘している人々の心に響く施政方針だっただろうか。

<[15]道税理士会、[16]自動車整備組合、和寒奥山町長、菓子労、[18]フォーラム、[19]自治労、[20]旭家連、六稜会、歌謡研究会、[21]郷土民謡連、[23]道連常幹、ヒアリング、憲法学習会、国対会議、立憲常幹、>

LRG_DSC06651DSC05836DSC05843DSC05878LRG_DSC06673LRG_DSC06698DSC05913DSC06012DSC06046LRG_DSC0674220180123.道幹事会20180123.ヒアリング20180123.憲法講演会20180123.国対会議-2

寒波・真冬日・豪雪

年前は例年にない大雪に見舞われましたが、年明けとともに穏やかな日が続いていました。5日の寒の入りと共に、今度は気温の低い日々が続いていましたが、2週目に入ると”寒の雨”と豪雪です。 北海道の冬の宿命ですが、各家庭は除雪でヘトヘトです。

穏やかといっても、雪が降らなければ気温は下がります。冬日(日最低気温がマイナス)どころか、真冬日(日最高気温がマイナス)が続いています。木々も凍える樹氷の景色になります。 2週目に入ると気温が緩むと今度は連日の豪雪です。気象庁のデーターによると、累積降雪量は476㎝です。(累積積雪量は91㎝)20日は” 大寒” ですが、どうなることか・・・

天候に左右される農業にとって、天候は重要です。寒にはしっかり冷え込み、寒中に雨が降るのも豊作の兆しといわれています。 1年間の天候を予測する方法として「寒試し」というのがあります。江戸時代から行われている方法で、旧暦の小寒から大寒の終わり(立春)までの気温変化から、一年間の気象を予報するものです。

近頃のカレンダーには、日々の記念日とか二十四節季とか日本の行事などが記載された“暦”が少なくなっているのが寂しい気がするのは、年のセイだろうか?

<[9]建設協会、あさひかわ商工会、[10]立民役員会、〃常幹、連合上川地協、[11]立民道連打合せ、[12]農連宗谷線BL、上川組合長会、[13]街宣、北口道議、■樹氷・雪>

DSC05381DSC0543320180110.立民役員会20180110.立民常幹LRG_DSC06547LRG_DSC06569LRG_DSC06601LRG_DSC06621DSC05489DSC05568IMG_4743IMG_4756

 

まっとうな社会

 2018年の新春を、お揃いでお迎えのこととお慶び申し上げます。 今年の干支は“戌”、「申酉騒いで、戌笑う」と言います。 また、竹冠に犬と書くと“笑う”という字になります。 言葉通り、本年が健やかで穏やかな一年でありますことをご祈念いたします。

 政権の長期化は独裁的となります。現政権の成長戦略は格差を拡大し続けています。「格差による成長」は世界の非常識です。我々が目ざす「共生社会」実現のためには「税の再配分・所得の再配分」の大胆な転換が必要です。 首相は年末年始にかけて「改憲」の発言を繰り返しています。しかも9条に限定した内容であり、与党内でも意見が纏まっていないにも拘らずです。 改憲派といわれる人々でさえ『安倍政権の下での改憲を許してはならない』と発言しています。 我々はこうした“暴走・独裁”を転換するために立党しました、「まっとうな社会」を創るスタートの年、正念場の年になります。

 暮れから新年にかけて、私の政治への転身を導き、政治活動をご指導・支えて頂いた方々が相次いで亡くなられた。 31年間ありがとうございました。皆さんの意思をしっかり受け継いでまいります。ご冥福をお祈りします。

[2]新春街宣、[3]新年交礼会、[5]初開式、連合北海道、JAあさひかわ、[6]出初式、[7]永山第2、成人式、>

駅前-2ホーマック-2ささき-2ささきささき-4LRG_DSC06291LRG_DSC06319DSC_0439DSC_0466LRG_DSC06383LRG_DSC06469LRG_DSC06492

日本の転換点

2018年度予算が閣議決定された、97兆7128億円(’17/97兆4547億)過去最高である。同時に決定された2017年度補正2.7兆円は、当初予算で抑えた分、支持団体への配慮、防衛費の聖域化という同じ手法である。 謳い文句の「歳出改革」「財政健全化」とは程遠い。 『入りを図りて、出ずるを為す。』を今一度肝に銘ずべきである。

歳入の柱は、バブル期のような2.5%成長(民間/1.8%)を当てにした楽観的な税収見積もり と、日銀を巻き込んだ国債発行を当てにしていることも従来通りだ。消費税の使途に子育てを加え財政健全化を棚上げして編成である。 歳出の大きな部分を占める社会保障費はキャッチフレーズの「人づくり革命」になっているのか、待機児童対策・保育士待遇、教育無償化をいいながら大胆な改革があった訳ではない。 「全世代型社会保障」とは程遠い。 防衛費は第二次安倍内閣では聖域化し伸び続けている。一方で地方交付税は6年連続で削減である、地方は行革、民間委託などで必死に積み立てた財調基金を理由にするのはとんでもないことだ。

もう一つの「生産性革命」は、結局公共事業頼りである。1970年前後のインフラは、道路も橋も構築物も、耐用年数を迎えている。特に下水道は計画的に更新していかなければならない時期を迎えている。産業インフラ一辺倒から生活インフラに転換すべきである。

<[26]立民道連常幹、〃役員会、〃常幹、[27]士別市農連、[28]士別農連、[29]6区設立準備会、6区事務所納、>

20171226.立民道連20171219.役員会20171226.立民常幹ささき-2ささきささき-3ささき-2

「北」「立」「居」

 今年の世相一文字が「北」となった。“北”朝鮮ミサイルの“北”海道沖落下、九州“北”部豪雨災害、“北”海道産ジャガイモ不足、“北”海道日ハムの大谷・清宮、“北”島三郎の“キタ”サンブラックなどが理由ということだ。以下「政」「不」「核」「新」と続く。

TPP・EPAの経済影響評価がようやく発表された。農林水産物の影響額(生産減少)CPTPP=900~1500億、日欧EPA=600~1100億円とする一方、経済効果をTPP=7.8兆円、EPA=5.2兆円押し上げると試算、農林水産物の影響においては国内の生産量が確保されることを前提とするなど、 「バラ色試算」といわざるを得ない。又、EPAの影響は過小評価である、政府は日本の農林水産物は『ブランド力がある。』といってきたが、EUには通用しない。こうした要素を勘案した試算にはなっていない、余りにも楽観的で、生産者の心情を無視したものだ。

私にとっての一文字は何だっただろう、突然の総選挙と“急”ごしらえの“立”憲民主党設立と、激“動”の年だった。長期政権の下で相も変らぬ成長戦略は格差拡大を助長するばかりである。 “共”生社会の実現、『誰にも“居”場所と出番のある社会』への転換は急務である。 今年も一年間ありがとうございました。

<[18]士別ひぶな会、[19]北海道議員会、常任幹事会、全議員総会、[20]多寄農連、富良野市労連、[21]旭川市職労、[23]ゆいゆいXmas、市民の会リレートーク、6区街宣、[24]藤守叙勲>

ささき-220171219.道議員会20171219.常幹20171219.全議員会ささきささきささきささきささきささきささき-2

3010運動

「3010(さんまるいちまる)運動」というのをご存知だろうか。食品ロスを減らすための運動で、 『宴会の開始から30分と、閉宴10分前には席に座って食事を楽しみましょう』という運動です。

国内の食品廃棄量は年間約1800万㌧で、消費量全体の2割に当たり、このうち食べられる状態にもかかわらず廃棄される「食品ロス」は年間500~800万㌧だそうです。 因みに国内の米の消費量は約850万㌧ですので、匹敵する量の食品ロスが毎年発生していることになります。 また世界の国々が途上国に援助した量の約2倍になるのだそうです。 更に更に、その量は国民一人ひとりが毎日茶碗一杯分を捨てているのと同じ くらいの量でもあるそうです。 是非3010運動を噛み締めましょう!

この運動を提唱した長野県松本市では、1年間で食べ残しが約半分になったそうです。 我が士別市ではマチのシンボル「サフォーク」に準えて「3409(サフォーク)運動」と名付けて取り組んでいます

<[11]役員会、[12]農水委員会質問、[13]道農連要請行動、農連宗谷線BL例会、プランタン望年会、[15]道議会要請、立正佼成会、[16]土曜街宣、支援する会Xmas、剣淵農連忘年会、[17]難病連Xmas、比布町長選、>

20171211.役員会20171212.農水委20171212.農水委-220171213.道農連20171213.道農連農水要請ささきささき20171215.道議会要請-220171215.道議会要請20171215.立正佼成会LRG_DSC05791LRG_DSC05811LRG_DSC05830DSC04861ささき-4